ネズミの習性とネズミ撃退法3つ

日本国内には20種類以上のネズミが生息してますが、一般の住宅に住みつき人間に被害をもたらしているのは、ドブネズミとクマネズミ、ハツカネズミの3種類がほとんどです。


ネズミによる被害は、まず家の中を不潔にすることです。



ネズミに寄生しているダニや病原体、寄生虫の繁殖が人間の健康を脅かしていきます。
その他のネズミによる被害は、家具や電線をかじって破損させることです。
ネズミには一生伸び続ける前歯を短くするために硬いものをかじる習性があるため、この被害が起こります。

電話やインターネットが繋がらなくなるだけでなく、ひどい場合には火災が起こることもあります。
有効なネズミ撃退法の1つは、スプレーなどの忌避剤によって追い払う方法です。

ホームセンターで販売されているネズミ用忌避剤には、ネズミが嫌がる香料や成分が含まれているので、巣に散布すると寄り付かなくなります。

次に薬を用いたネズミ撃退法が挙げられます。ホームセンターで販売されている殺鼠剤と呼ばれるネズミ駆除剤を食べさせることによってネズミを殺す方法です。



効率よくネズミを駆除していくためには、ネズミの餌場を把握してそこに殺鼠剤を混ぜることが重要です。



さらに、わざと無害の餌を一定期間食べさせて習慣付けた後で、殺鼠剤を食べさせること方法も効きます。
最後に捕獲するネズミ撃退法です。


ネズミの駆除には粘着式のネズミ捕りや罠となるネズミ捕り用のかごなどを用います。

効率よく捕獲するためには、ネズミがいつも通過する場所に設置するのが賢明です。